<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ヒカルの碁
ヒカルの碁 (1)
ヒカルの碁 (1)
ほった ゆみ, 小畑 健, 梅沢 由香里

今日最初のは、ヒカルの碁です。なんといっても、絵柄が超絶美麗なんです。とにかく美しい。囲碁という馴染みのない世界でしたが、とてもストーリーに入りやすく、ルールが分からなくても楽しめるようになっていて、とてもよかったと思います。

物語は、ヒカルと佐為を軸にした1部、佐為が消えた後のヒカルを軸にした2部に分かれています。1部の最後辺りは、感動します。佐為が消え、ヒカルが夢中に差がしている所なんか読むと切なくなります。消えてから知る大切さ、というのを目の当たりにした感じです。

個人的には、ひかり(ヒカル×あかり)派です。ヒカ碁は恋愛感情を出すこともなく、女キャラも極端に少なく、元々登場人物も少なめ。ヒカルの幼なじみである、あかり。院生少女である奈瀬。その二人だけじゃないかな、ちゃんとした出番があった女キャラって。
私が一番好きなカラーは、卒業式の回です(当然ですね)WJ公式ページでいち早くそれを見た私は、慌てて買いに走ったものです。初めてチャットに参加したのも、実はヒカ碁関連のHPでした。結構、いろいろした作品でもあります。

ひかりは、結局ヒカルの傍にいる事の出来る女の子っていうのはあかりしかいないわけなんだと思うんです。だから、「付き合おうかー」みたいな感じで付き合って、そのまま結婚しちゃうと思うんですよね。ヒカルも一応男の子なんで、ヤキモチ妬いたり、「コイツ可愛いなー」とかも思うんですが、それ以上にアイツは碁命なんで、あかりの二の次扱いだと思うんです。でもあかりはそれが残念だけど、理解してあげていて。
ヒカルは、あかりと付き合う前に、何人かの女の子と付き合っていれば良いと思います。あかりはヒカルのこと気になりつつも、告白された先輩と付き合って、その次は同級生と付き合って、最終的にヒカルとくっつけばいいよ。

やべ、ひかり語りになってしまっている。………ま、いっか。
そういえば、ヒカ碁アニメの最後のOPは大好きでした。絵柄綺麗だったし、何よりやたらひかりでしたから。

| ユカ | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
HUNTER×HUNTER
ハンター×ハンター (No.1)
ハンター×ハンター (No.1)
冨樫 義博

幽白にハマった、私が漫画本を買い始めた頃、ハマったのがこれです。小6のときだったなー、良く覚えてる。初めて、同人という存在を知った時に読んだのも、この漫画だったのを、めちゃめちゃ覚えています(笑)

買った当時で8巻ぐらいまで出ていたのかな。その中で断然好きになったのは、キルア。私のショタっ気の始まりでもありますね(笑)本当に好きで好きで、あまりに好きだったんですよね、当時ね。うん。めっちゃキルア好きだったもん。だから、好きなのは6巻です(分かりやすい)

個人的に一番好きだったのは、ゾルディック編ですが(………)
天空闘技場、ヨークシン、旅団、ゲーム、虫とかいろいろ続いていますよね。念が出てきてから頭の弱い私はついていけなかったし、ゲームなんて……もうカードって何?みたいな感じでした。今の虫もよく分かっていませんが………おもしろいと思います。作画をサボってもそれを補えるほどにおもしろいと思う!冨樫先生は凄いと思っています、ある意味尊敬。あれだよ、キャラデザとネームだけすればいいんじゃなかろうか…とか考えてしまいます(すごい失礼だよ)

キルアは最終的に、やっぱりゴンを裏切るんじゃないかなぁ…と考えてるんですが。っていうか、クラピカやレオリオや団長は今何をやっているのでしょうか…。伏線がいっぱい張られていますが、それを全て回収して欲しいなぁと思うのは傲慢ですよね。ジャンプですもんね(結局それ)

| ユカ | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
イタズラなkiss
この間白夜行で柏原氏を見て、懐かしく思い出しました。見返したいとも思うのですが、レンタルなどでも見つけられない作品です。

イタキスを初めて知ったのはドラマですね。小学生3,4年ぐらいかな。柏原君があまりにも格好良くて、入江君にピッタリだと今でも思います(多少私の頭の中で美化されているかも)

漫画は少なくとも、3回ぐらい集めたな;;(買って売って買って売って…)
結婚するところや、食堂で年下君と琴子を取り合うところなんかは、今でも思い出します。弟君の話とかも可愛かったなぁ。一途な女の子は勝つ!!!!っていうのを、世に示した作品というか。人間一生懸命すれば、いつかは………みたいなストーリー。好きです、恋愛漫画っていう括りではベスト5にはいるかも。

23巻ぐらいで終わっちゃったんですよね。リアルタイムじゃないので分かりませんが、あまりにもショックですよね。しかも良い所で………。でも、新たな希望が見えた終わりでもあり。子供は、一人は入江君似、一人は琴子似がいいなぁ。できれば、女が入江君で男が琴子にそれぞれ似ていれば良いと思います。

多田先生のご冥福をお祈り致します。

| ユカ | 漫画 | comments(0) | trackbacks(1) |
BLEACH
BLEACH (16)
BLEACH (16)
久保 帯人

今日はBLEACH本編について。

1話始まった当時、ジャンプ買ってました。読んでました。一巻二巻は初版持ってました。が、途中で飽きたんですよね。

それでもダラダラと立ち読みはしていたのですが、ルキア帰ってから、また再燃して。もう日番谷でハマリました(分かりやすい)


なので、今回は1巻ではなく日番谷表紙の16巻で。


主人公好きになることは少ないのですが、一護好きですよ。「一護」って名前が良いんですよね。友達は、『「恋次」だからさぁ…やっぱ最後は一護じゃん?』って言ってました(笑)
私は一ルキ派です。一ルキ、日雛、ギン乱、剣やち…とかかな。他にもいろいろ好きですが、ブリチは完全に王道寄りです。


ブリーチは、今めちゃめちゃ人気らしいですね。これからの踏ん張り所次第でしょうが。私は正直、ソウルソサエティ編で終了だと思っていました…むしろ、そこで終わっておくのがちょうどよかったんじゃないかなと思いますが、ジャンプですから辞めるわけにはいきませんよね(苦笑)

人気も相まって、いろいろ試している作品でもあると思います。去年辺りやたらジャンプで流行したオールカラーや、2週連続巻頭カラー(表紙だったかも)などなど、作者殺す気かと言わんばかりに、働かせてます。

ストーリーは他にも良い作品があると思いますが、微妙な人間関係とキャラの魅力がブリーチの見所だと私は思ってます。一護を挟みつつルキアと織姫がいて、ルキアを挟みつつ一護と恋次がいて。雛森、日番谷、乱菊といった死神達の微妙な恋愛とも家族とも同志とも取れる感情など。

2005年はブリーチにはまりましたね。良い作品だと思います。キャラブックの出来はお世辞にも良いとは言い難かったけどな。

| ユカ | 漫画 | comments(0) | trackbacks(1) |
山田太郎ものがたり
山田太郎ものがたり (第1巻)
山田太郎ものがたり (第1巻)
森永 あい

昨日一昨日と漫喫行ってきたので、読んできた本をご紹介。
連載当時から「おもしろいよ」とは聞いていたのですが、なかなか読む機会がなかったので、手に取ってみました。

うん、確かにおもしろい!!

最近BLネタに抵抗無くなってきたからおもしろいとは思いましたが、数年前だったら嫌だったかもなぁ。御村とよし子ちゃんのカップル(と、言っていいのがどうか)が可愛いなぁ。太郎君の恋愛はスルーで(笑)御村君達二人は、読者からも評判がよかったのか、後々になるほど出番が多かったり。

うーん。私的には紫の上計画で、もっと早くに手を出していても可だったんですが…。ロリコンではなかったか、御村。

でも、無事にくっついてよかったですね。


1巻読んだ時から、このお母さんが嫌いで嫌いで。なんであんたはそうなんだって言いたくなるぐらいのボケボケだったんですが、お父さん帰ってきて、嫉妬するところなんかは好きです。

結局太郎君はどうなるんでしょうねー。最初の1話の女の子とかもなかなか捨てがたいと私は思うのですが。あの子、一番お似合いじゃない?って言ってみる(笑)

| ユカ | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユカ
→草野と同い年
→仁亀シンメ担(でも亀寄り?)
→現在M県、4月からA県移住決定済
→ごくせん激愛傾向有
→NEWS草野、8大倉が好きだとか。
→でもなんたって一番はカツン
→一応ファン歴3年目突入
白夜行大好き
→ドラマから入りました
→原作も読みました
→幻夜も読みました
→亮司と雪穂の恋愛が好きです
→二人の間には、愛があったと信じたい
→強いのも(原作)ヘタレのも(ドラマ)好き
→綾瀬さんはとても雪穂に合っていると思う
→とにかく二人の間には愛
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
RECOMMEND
白夜行 (集英社文庫)
白夜行 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
良い。本当に良い。
LINK
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS